teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ビジターセンターでの講演会のお知らせ

 投稿者:けろざ  投稿日:2015年 8月28日(金)08時36分14秒
  自然文化研究所からビジターセンターでの講演会のお知らせです。
以下転用文です。

*****************************************************************************

父島の皆様

9月4日(金)に駒澤大学の清水善和教授による
「40年に渡る、南島の自然の変遷について」の講演会が開催されます。

南島は、かつてノヤギにより植生破壊が進み、人間の踏圧により裸地化が起きていた、とても小さな島です。

世界自然遺産登録のず~~と前に、小笠原で初めて自然を取り戻そうとした場所で、
これまで「自然保護と利用」を目指して、様々な復元作業と維持管理の取り組みが行われてきま した。

この島では行政関係の保全事業だけでなく、多くの島民がボランティア参加で汗を流してきました。

今、島は、その本来の素晴らしさを取り戻しつつあります。

長年に渡って南島を見守ってきた植物学者、清水善和氏に、
この小島のたどってきた物語を語って頂きます。

必見の講演会です!!

小笠原自然文化研究所

*************************************
 
 

ビジターセンター特別展のお知らせ

 投稿者:けろざ  投稿日:2015年 4月26日(日)21時33分18秒
  小笠原ビジターセンターの特別展のお知らせです。

2015年4月29日より
「イルカ展」~みて!泳いで!もっとわかる!~
が、開催されます。

小笠原でウォッチング、スイミングできる身近なイルカたちを分かりやすく紹介します。
ぜひ、お立ち寄りください。

なお、GWも様々なイベントがあります。
詳しくは、添付ポスターにて
ご確認ください。
 

ビジターセンター講演会のお知らせです。

 投稿者:けろざ  投稿日:2015年 3月14日(土)16時15分5秒
  ●首都大学東京公開講座2015 第1回
鈍(にび)色の海、豊饒の海 ~ウニのゆるキャラが解き明かす環境の化学~

《日時》3月19日(木)19時30分より

《内容》植物性プランクトンに支配される海の色を手がかりに、環境問題に関する話題を化学の観点から紹介します。

《講演者》杉浦健一(首都大学東京)

《場所》 ビジターセンター新館ホール

《主催》首都大学東京
《共催》 BIO(ボニンインタープリター協会)、(公財)東京都公園協会
《後援》小笠原村

《問合せ》 小笠原ビジターセンター 04998-2-3001
 

Re: ビジターセンター展示会

 投稿者:けろざ  投稿日:2015年 3月 5日(木)10時12分59秒
  Saharaさま

普段は情報を書き込む時くらいしかこの掲示板を見ないんですが、
昨晩、たまたま間違えてここを開いたので
絶妙なタイミングで書き込みに気が付く事ができました。^^;

で、お問い合わせの件、調べてみました。
BIOとしては5月中旬くらいまで続けたい意向だそうです。
期間を明示していないのは、
年度末の東京都との契約更新時をはさむためだそうです。

取り急ぎ、ご報告まで。
 

Re: ビジターセンター展示会

 投稿者:Sahara  投稿日:2015年 3月 2日(月)21時19分14秒
  いつまででしょうか?
期間についての情報が、どこにもありません。
(ビジターのニュースレターにさえも)
 

ビジターセンター展示会

 投稿者:けろざ  投稿日:2015年 2月27日(金)16時58分36秒
  3月5日よりビジターセンターにて
春季特別展「くじら展~あなたはザトウ派?マッコウ派?」開催!

ザトウクジラとマッコウクジラの違いを紹介します。実物大ザトウクジラの展示もあります。

皆様のお越しをお待ちしています。
 

ビジターセンター1月講演会

 投稿者:けろざ  投稿日:2015年 1月 7日(水)13時01分40秒
  ●1月11日(日)19時30分~

「どうやって守る?兄島固有昆虫を中心にした保全作戦」

 ~グリーンアノールによる捕食で、父・母島という本拠地を失った小笠原の
  固有昆虫たち。昨年兄島のアノール発見で、最後の拠点を失う危機的状況に
  陥っています。最近の小笠原の昆虫に関する話題を紹介しながら、
  今後焦点になる兄島固有種を中心とした昆虫保全について現在進行中の
  プロジェクトを紹介します。

《講演者》苅部治紀(神奈川県立 生命の星・地球博物館)


●1月15日(木)19時30分~

「オガサワラゼミのナゾ ~ジョン万次郎もその声を聴いていた!?~」

 ~小笠原では秋に多い「オガサワラゼミ」。実は海洋島にセミがいることは
  珍しいのです。はたして本当に固有種なのか?‘せみちゃん’がそのナゾに
  迫ります。「たかが、セミ、されど、セミ。」

《講演者》大林隆司(小笠原自然文化研究所/野生生物研究会)

《場所》 ビジターセンター新館ホール
《主催》 BIO(ボニンインタープリター協会)・(公財)東京都公園協会
《問合せ》 小笠原ビジターセンター 04998-2-3001
 

大神山神社例大祭 録画放送

 投稿者:けろざえもん  投稿日:2014年11月19日(水)20時24分24秒
  ご覧のとおりです!  

ビジターセンター講演会日程変更お知らせ

 投稿者:けろざえもん  投稿日:2014年11月10日(月)16時56分37秒
  11月12日予定の淡水魚講演会は以下に変更となりました。
-----------------------------------------
11月18日(火) 19:30~

小笠原の淡水魚~島の川に暮らす魚たちの素顔

~小笠原諸島は絶海の孤島。川魚はどうやって島にたどり着いたのか?
  小さな島の小さな川に暮らす淡水魚たち、
  そのダイナミックな生き方をご紹介します。

講演者:佐々木哲朗 (小笠原自然文化研究所)

-------------------------------------------
好評開催中の『小笠原の魚展』は、11/17までとなりました。
つきましては、11/12、13おがさわら丸出港中も開館しますので、
まだご覧になっていない方はぜひお立ち寄りください。

---------------------------------------
 

ビジターセンター講演会

 投稿者:けろざえもん  投稿日:2014年10月 9日(木)14時54分25秒
  開催中の『小笠原の魚展』関連講演会
おがさわら丸10/10便の通常運行、瀬能先生講演会が決りました。
-----------------------------------
10月13日(月) 19:30~

小笠原の魚たち―分布の研究からそのルーツを探る―

~小笠原には固有種を含め1000種以上の魚たちが分布しています。
  その魚類相を、琉球列島から本州の太平洋岸に至る黒潮流域や伊豆諸島、
  さらにはマリアナ諸島と比較すると、小笠原の魚類相の特徴が浮かび
  上がってきます。
  過去20年間にわたって蓄積してきた魚の分布情報やその分析結果に基づき、
  小笠原にはどのような魚たちが分布しているのか、また彼らはどこから
  やってきたのか、興味深いトピックスを交えながら解説します。

講演者:瀬能 宏(神奈川県立生命の星・地球博物館)
 

レンタル掲示板
/228